コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)継ぎ/切(り)接ぎ キリツギ

1件 の用語解説(切(り)継ぎ/切(り)接ぎの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐つぎ【切(り)継ぎ/切(り)接ぎ】

[名](スル)
物を切ってつぎ合わせること。「フィルムを―する」
接ぎ木の一。台木の皮と木質部との境目を縦にそぎ、そこに下方を斜めに削った接ぎ穂を差し込んで密着させる方法。
勅撰集などで、撰歌後、部分的に加除・訂正をするため稿本を切りついだこと。
裏打ちした書画と表具地を適当な形に切り、つぎ合わせて掛け物にすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone