コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)継ぎ/切(り)接ぎ キリツギ

デジタル大辞泉の解説

きり‐つぎ【切(り)継ぎ/切(り)接ぎ】

[名](スル)
物を切ってつぎ合わせること。「フィルムを―する」
接ぎ木の一。台木の皮と木質部との境目を縦にそぎ、そこに下方を斜めに削った接ぎ穂を差し込んで密着させる方法。
勅撰集などで、撰歌後、部分的に加除・訂正をするため稿本を切りついだこと。
裏打ちした書画表具地を適当な形に切り、つぎ合わせて掛け物にすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)継ぎ/切(り)接ぎの関連キーワード新古今和歌集源家長日記フィルム木質部勅撰集接ぎ木接ぎ穂下方境目稿本加除台木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android