切(り)継ぎ/切(り)接ぎ(読み)キリツギ

デジタル大辞泉の解説

きり‐つぎ【切(り)継ぎ/切(り)接ぎ】

[名](スル)
物を切ってつぎ合わせること。「フィルムを―する」
接ぎ木の一。台木の皮と木質部との境目を縦にそぎ、そこに下方を斜めに削った接ぎ穂を差し込んで密着させる方法。
勅撰集などで、撰歌後、部分的に加除・訂正をするため稿本を切りついだこと。
裏打ちした書画表具地を適当な形に切り、つぎ合わせて掛け物にすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android