コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切高仕法 きりだかしほう

2件 の用語解説(切高仕法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切高仕法
きりだかしほう

江戸時代,加賀藩の行なった年貢確保のための土地売買公認制度。同藩は幕府に先んじて元和年間 (1615~24) から田畑の永代売買を禁じていたが,元禄6 (93) 年その禁を解き,高持百姓が年貢上納のため土地を売却するのを公認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切高仕法
きりだかしほう

加賀藩独特の土地制度で、法令をもって1693年(元禄6)百姓持高の永代売(えいたいうり)を許したものである。高を売ることを切高、買うことを取高というような異称を用いたのは、それを厳禁した幕府令を顧慮したからであろうが、幕府令では制限付きで許可した質入(しちいれ)高は、ここでは厳禁した。貨幣経済の農村への浸透にしたがい、貧窮に迫られた百姓の間で、持高を質入れ同様に処分する者が多発したので、むしろ手余り地を売り渡させるのを主眼としたのである。これは、約40年前に施行した改作法の影響として、百姓に適正な持高を維持させるという趣旨が生かされていると考えるべきであろう。[若林喜三郎]
『若林喜三郎著『加賀藩農政史の研究 上巻』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切高仕法の関連キーワード漆年貢加賀明倫堂五木川欠引草年貢塩浜運上年貢割符前田伸右衛門前田吉徳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone