コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農民層分解 のうみんそうぶんかい

3件 の用語解説(農民層分解の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農民層分解【のうみんそうぶんかい】

商品経済発展の結果,農民層が農業資本家または富農層と農業労働者または貧農層に両極分解する傾向。農業の資本主義化の過程であり,生活資料生産手段を資本主義生産にかえ,国内市場を拡大するとともに,脱農民は労働者階級の補給源を形成する。
→関連項目小作制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうみんそうぶんかい【農民層分解 differentiation of peasantry】

自立した小経営農民が,商品経済の進展の下で土地・生産手段を失って没落する多数者と,逆に土地・生産手段を集積して富裕化する少数者とに分極していく過程をいう。この過程は封建末期に始まり資本主義の全期を通じて続いている。自立農民が分解していくのは,商品経済に巻き込まれることによって,経営間の生産力の格差(価値形成の差)や生産物販売の差異(価値実現の差)によって,貧窮化する者と富裕化する者が生ずるためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農民層分解
のうみんそうぶんかい
differentiation of peasantry

農民層の分解については、封建社会において領主・農民関係を再生産していくような分解(封建的分解)の存在を主張する説もあるが、それは通説となっていないので、ここでは、封建社会の解体期における分解と資本主義成立後の分解とについて述べる。
 封建的支配が弛緩(しかん)して封建地代が農民の剰余生産物のすべてを収奪しえないようになると、農民は小商品生産者として相互に商品交換関係を取り結ぶようになり、一定の広がりをもった農民的商品経済が成立する。こうした商品経済のなかに農民層が巻き込まれると、それぞれの農民の生産する商品の個別的価値と市場価値との間の格差(農民各自の条件の差)に基づいて、富裕化する農民と貧困化する農民とへの分解が生じる。この分解は、封建社会をある程度まで解体せしめるが、封建的諸関係がなお存続して農民的商品経済が制約されている場合には、なお本格的に進行することができず、富農の地主化と貧農の小作化に帰結する場合がある(農民層分解の歪曲(わいきょく)、地主的分解と名づける説もある)。しかし、生産諸力のいっそうの発展によって農民的商品経済が封建的諸関係の制約を破ってさらに発展するようになると、農民層の分解は本格的に進行し、一方の極には資本家的経営を営む農村ブルジョアジーが、他方の極には賃労働者化する農村プロレタリアートが、それぞれ成長する。この分解をとくに農民層の両極分解(またはブルジョア的分解)と名づける場合が多い。この分解は、封建社会を最終的に解体せしめて、農業においても工業においても資本主義的生産様式を形成せしめる起動力たるものである。
 しかしながら、歴史上、農民層が完全に両極に分解してしまうことはむしろまれであって、資本主義社会が成立したのちにも小生産者としての農民層が大量に存続する場合が多い。こうした農民層は、その後、資本主義の作用によってさらに分解されることになる。だが、イギリス以外の相対的後進資本主義国においては、資本主義はかならずしも農民層の分解を完成せしめるものではなく、低廉な労働力の源泉としての過小農の大群を残存せしめたり、劣悪な小作制度を存続せしめたりする場合が多い。とくに独占資本主義の段階に入ると、農民層の分解はさまざまな歪曲を受け、今日の多様な農業問題がもたらされている。[遅塚忠躬]
『高橋幸八郎著『近代社会成立史論』(1947・日本評論社) ▽石渡貞雄著『農民分解論』(1955・有斐閣) ▽土地制度史学会編『再生産構造と農民層分解』(1961・御茶の水書房) ▽レーニン著『ロシアにおける資本主義の発展』(山本敏訳・岩波文庫/副島種典監訳・大月書店・国民文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の農民層分解の言及

【農業】より

…これに伴って農業技術も発達し,農業生産力も高まり,また専門の商品生産農業経営(商業的農業)も,各地に多様な形で形成されてきた。農業のこうした発展は,農民層の分化・分解(農民層分解)を促進することになる。すなわち一方に,経営規模を拡大し,商品生産を拡充していく富裕な農民層が生まれると同時に,他方,経営規模を縮小し,土地や生産手段を失い,しだいに貧困化していく農民層が生まれてくる。…

※「農民層分解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農民層分解の関連キーワード手工業独立自営農民飛銭無宿有徳人営農貨幣経済国営農場小経商品経済

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone