コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永代売 えいたいうり

世界大百科事典 第2版の解説

えいたいうり【永代売】

日本中世の土地売却形態の一つ。永久に売る売却の意で,中世の土地売買契約書である売券に多くみられ,今日の〈売却〉に近い意味の言葉として使用されている。日本の古代社会の土地売却における〈売る〉という語には,賃租を意味する〈売〉と〈永売〉という2形態が存在した。しかし,代価を支払って1年間借耕する賃はもちろんのこと,永代売の祖型である〈永売〉も今日のようなその所有権の完全な移転を意味する売却ではなく,売主の請戻し・買戻しが常に前提とされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の永代売の言及

【田畑永代売買禁止令】より

…ただし,この名称による法令があるわけではなく,1643年(寛永20)3月に代官あてに出された全7条の〈書付〉中の第3条と,同年同月に農民あてに出された全17条の〈書付〉中の第13条とを合わせていう。これに同年同月に出された罰則〈田畑永代売御仕置〉(全4条)を含めることも多い。代官あてでは〈豊かな百姓は田畑を買い集めてますます豊かになり,貧乏な百姓は田畑を売却してますます貧乏になるので,今後田畑の売買を禁止する〉といい,農民あてでは理由を述べずに〈田畑の永代売買を禁止する〉といっている。…

【百姓】より

…特に,領主が施工主体になって推進した土木灌漑工事は,農業の生産基盤を飛躍的に強化・拡大させ,小農自立の生産力的基礎を創出し,隷属的小農民の百姓への成長転化に大きく寄与した。これと同時に,五人組制度,田畑永代売買禁止令分地制限令,そのほか農民生活や農業生産を規制する御触書(おふれがき)(たとえば慶安御触書)などによって,百姓は土地に緊縛されて年貢・諸役を負担するものとされた。百姓は高請地の年貢納入義務を完済するかぎり,田畑の耕作と屋敷への居住を末代にいたるまで保障された。…

※「永代売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永代売の関連キーワード田畑永代売買禁止令(でんぱたえいたいばいばいきんしれい)田畑永代売買禁止令(たはたえいたいばいばいきんしれい)頼納(たのみおさめ)田畑永代売買禁止令田畑永代売買の禁江戸時代(年表)地主・小作関係田畑勝手作許可質流地禁止令嘉吉の土一揆質流れ地禁止公事方御定書下男・下女流地禁止令江戸幕府質物奉公役儀取上地租改正質地小作藩政改革

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android