コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改作法 かいさくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改作法
かいさくほう

江戸時代初期,加賀藩で実施された藩政改革の中心をなす農政仕法。5代藩主前田綱紀のとき,当時なお治世にあたっていた3代藩主利常が慶安4 (1651) ~明暦2 (56) 年に実施。家臣の地方取 (じかたどり) から蔵米取への推進,郡奉行のほかに設けられた藩の改作奉行と民間の大庄屋級の十村 (とむら) を中心とする郷村 (ごうそん) 支配の強化,郷町の整備,隠田検地,新田開発などを励行し,藩体制を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいさく‐ほう〔‐ハフ〕【改作法】

江戸時代、金沢藩が行った農政改革。慶安4年(1651)に開始され、武士農民困窮を救済する目的で、給人知行所直接支配の禁止、検地の精密化、郷村支配の整備などを実施し、藩体制を確立させた。改作仕法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいさくほう【改作法】

加賀藩で1651年(慶安4)から56年(明暦2)にかけて行われた農政を中心とする藩政改革の名称。5代前田綱紀の初年,隠居の利常(3代)が親裁して,寛永期から問題化していた給人・百姓の窮乏の解決のために,藩庫の米銀を百姓に貸与して他借を禁じ,村ごとに免相(めんあい)を一定して給人の収納免も平均化し,蔵宿を設置して給人の年貢米の収納・販売を一手に担当させ,また算用場奉行―郡奉行・改作奉行―十村(とむら)の吏僚的農政機構に農民支配を一元化して地方知行制を形骸化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

改作法
かいさくほう

加賀藩成立期の農政改革。5代藩主前田綱紀(つなのり)の初世、1651年(慶安4)から56年(明暦2)にかけて、その後見役をしていた祖父前田利常(としつね)(3代藩主)が施行したもので、内容は多方面にわたる。その骨子は、給人(きゅうにん)・百姓間を遮断して給人の専恣(せんし)な百姓収奪を規制し、土地・租税制度の整備、十村(とむら)(大庄屋(おおじょうや)にあたる)を中核とする郷村支配の確立をもって租税収入の安定化を図ったうえ、百姓助成を徹底的に行い、その再生産能力を付与するにあった。持高の適正規模を維持するために、しきりに百姓の追放や入れ替えまで強行している。やがてこの仕法は、綱紀の成長につれて拡大・整備され、農政専行の改作奉行(ぶぎょう)の設置、十村制度の整備、田地割慣行の制度化、切高(きりだか)仕法の施行など、この藩独自の農政を展開することになり、長く祖法として継承された。[若林喜三郎]
『若林喜三郎著『加賀藩農政史の研究 上巻』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の改作法の言及

【藩政改革】より

…しかも,この転換は譜代小藩にとどまらず,前期の藩政改革の中心的な課題となっていた。1651年(慶安4)から56年(明暦2)にかけて施行された加賀藩の改作法も第3代藩主前田利常の計らいになるものであったが,改作法の骨子も給人と百姓の分離,つまり百姓を藩主直属とすることであった。かくして,前期の藩政改革を貫く原則は,領主相互間の戦争を基底においた軍役賦課の領有原則からではなくて,石高制の基盤におかれる単婚家族小農経営存立の原則であったといえよう。…

※「改作法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

改作法の関連キーワード江戸時代(年表)土屋又三郎前田利常江戸時代高沢忠順

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android