コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈∥苅 かり

1件 の用語解説(刈∥苅の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かり【刈∥苅】

耕地の面積単位で,稲1束を収穫しうる面積。ときに束(そく)刈または束把(そくは)刈とよぶこともある。(しろ)と密接な関係をもち大化前代から北陸・東北地方で使用されていたものと思われる。律令制下で町反歩制がとられて廃止されたが,民間では慣習的に根強く用いられており,鎌倉時代からは全国的にとくに北陸・東北地方で売買文書などに刈の単位が現れる。地味により広狭を異にし,また地域によっては束の内容に相違があって面積は一定でない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刈∥苅の関連キーワード面積地積平方メートル可住地宅地等比率経営耕地面積耕地率耕地利用率農地の利用集積面積林野面積セールエリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone