コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈∥苅 かり

世界大百科事典 第2版の解説

かり【刈∥苅】

耕地の面積単位で,稲1束を収穫しうる面積。ときに束(そく)刈または束把(そくは)刈とよぶこともある。(しろ)と密接な関係をもち大化前代から北陸・東北地方で使用されていたものと思われる。律令制下で町反歩制がとられて廃止されたが,民間では慣習的に根強く用いられており,鎌倉時代からは全国的にとくに北陸・東北地方で売買文書などに刈の単位が現れる。地味により広狭を異にし,また地域によっては束の内容に相違があって面積は一定でない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報