コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑部真鯨 おさかべの まくじら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

刑部真鯨 おさかべの-まくじら

?-? 平安時代前期の官吏。
天安2年(858)大宰大典(だざいのだいさかん)のとき,山城(京都府)の出雲(いずも)寺で唐(とう)(中国)から帰国した円珍をでむかえる。貞観(じょうがん)5年讃岐(さぬき)(香川県)多度郡から平安左京(京都市)に戸籍をうつす。10年左大史(さだいし)のとき伊勢神宮に派遣され,式年遷宮用の大神財宝を奉納した。円珍の姻族とおもわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

刑部真鯨の関連キーワード日本文徳天皇実録文徳天皇文徳天皇フォティオス文徳天皇文徳天皇清和天皇文徳天皇ベネディクツス3世アナスタシウス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android