コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初動分布 しょどうぶんぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初動分布
しょどうぶんぷ

P波(→地震波)の最初の運動方向の分布。押し引き分布ともいう。縦波地震波である P波の動き始めは,地面の押し上げ(押し),または引き下げ(引き)のどちらかになる。この押し引きを地図上に表すと,押しと引きの地点は地理的にまとまっており,2本の線によって四つの領域に分けることができる。この線を節線といい,節線の交点が震央の位置になる。このような初動分布はどの地震にも共通してみられ,節線のうちどちらか 1本は断層が伸びた方向や傾斜角を示すことから,地震を起こした震源断層の地下での動き(発震機構)が推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょどうぶんぷ【初動分布】

地震波(特に P 波)初動の、地表面または地球表面全体での分布。またその分布を、震源を中心とする仮想的な小球面上の分布に直したものもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初動分布の関連キーワード石本巳四雄志田 順志田順節面

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android