初学(読み)ショガク

デジタル大辞泉の解説

しょ‐がく【初学】

ある分野の学問を初めて学ぶこと。また、学問というものに初めて接すること。また、その。「初学者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょがく【初学】

学びはじめたばかりであること。また、その人。 「 -の人」 「 -者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うい‐まなび うひ‥【初学】

〘名〙 初めて学問を学ぶこと。また、学問が未熟な段階をいう。にいまなび。ういがく。
※随筆・玉勝間(1795‐1812)一一「うひまなびのともがらのよみ出たる歌は」

しょ‐がく【初学】

〘名〙 はじめて学芸をまなぶこと。学芸のまなびはじめであること。また、その人。新学。ういまなび。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・秋夜即事〈源経信〉「初学文才堪目、詞場老後去加還」
読方入門(1884)〈文部省〉「小学の最下級に於て、初学生徒に読方を授くるの用に供したるものなれば」 〔史記‐賈誼伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初学の関連情報