コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初漁祝い はつりょういわい

2件 の用語解説(初漁祝いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初漁祝い
はつりょういわい

漁種ごとにその年の初漁に際して行われる祝いの行事。ハツドリイワイ,エビスイワイ,クロヤキイワイ,アズキスゴン,サンバアズケなどの名がある。行事は地域によって多少の違いがあるが,えびすその他の漁の神や地域の鎮守神,船霊に初魚を供え,あとで船主や網元,船子たちが食するのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初漁祝い
はつりょういわい

漁業儀礼の一つ。地域によって初取祝い、エビス祝い、クロヤキ祝いなどともよばれる。年の初めとか漁期の最初の出漁に際し、初穂の魚をエビスその他の漁の神や地域の鎮守神、船霊(ふなだま)などに供えて祝う習わしである。初魚は単にハツウオとよぶほかに、カミノウオ、カミノヨ、ミヤイウオ、エベスなどとよばれ、海のかなたからの寄り物、寄り神として神聖視された傾向がうかがえる。静岡県旧安倍(あべ)郡や賀茂郡では初漁のカツオは切り身にして村中に分ける風があり、これをニイヤイとかオニアイとかいった。これは新饗(にいあえ)のことで、古くは神と人とが初魚をともに食べて祝うという神人共食の考えがあったことを示すものだろう。また、カツオの心臓をホシなどと称し漁の神の供物とした所も多く、狩猟の儀礼と対比され注目される。[神野善治]
『柳田国男編『海村生活の研究』(1949/復刻版・1975・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初漁祝いの関連キーワード遠忌式年祭仕事始め人別改儀式出陣式基調講演筒粥遷宮・遷座初漁祝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone