利付(読み)りつき

精選版 日本国語大辞典「利付」の解説

り‐つき【利付】

〘名〙
利息が付くこと。利子付き。
人情本春色辰巳園(1833‐35)四「此程は家内の雑作道具まで、書き入たりし利付(リツキ)の金、借たる者はてより」
② 株式・公債などに利札配当の付くこと。また、その証券

り‐づけ【利付】

〘名〙 利益をつけること。もうけ分を加えること。
※歌舞伎・弁天娘女男白浪(白浪五人男)(1862)浜松屋の場「早速聞いて上げませうが、利附(リヅケ)はしっかりなさいませうな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android