コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利阿 りあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

利阿 りあ

?-? 南北朝時代の連歌師。
救済(ぐさい)(1284-1378)の門弟。「菟玖波(つくば)集」編集前後から同門周阿とともに二条良基(よしもと)のもとに出入りし,連歌の是非を論じ,それを救済が評したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

利阿の関連キーワード救済(きゅうせい、連歌師)南北朝時代連歌師

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利阿の関連情報