コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周阿 シュウア

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周阿 しゅうあ

?-? 南北朝時代の連歌師。
救済(ぐさい)の門弟文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)ごろから頭角をあらわす。二条良基(よしもと)の「応安新式」の制定に際し,師とともに協力。良基,救済とともに連歌の三賢と称された。「菟玖波(つくば)集」に22句,「紫野千句」に168句のる。俗名は坂(さかの)小二郎。著作に「周阿独吟山何百韻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

周阿

没年:永和2/天授2頃(1376)
生年:生年不詳
南北朝時代の連歌師。俗名は坂小二郎(『密伝抄』)。文和4/正平10(1355)年ごろから連歌界で頭角をあらわし,二条良基の信頼を得て,師の救済と共に『連歌新式』の制定に尽力した。しかし,作風はのちに心敬が「手だり上手」と評したように,理詰めで一句の仕立てに工夫をこらし,人の意表をつくもので,情趣深い句とはいいがたい。従って,周阿の句風亜流が一世を風靡したことから,その晩年には理想を異とする良基の不興を買ったようである。応安年間(1368~75)には九州へ下向,東国にも旅した。

(伊藤伸江)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうあ【周阿】

?~1377?) 南北朝後期の連歌師。二条良基よしもと・救済きゆうせいとともに連歌の三賢の一人。救済の有心うしん的句風に対して、知的技巧を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周阿
しゅうあ
(?―1376/77)

南北朝時代の連歌師(れんがし)。俗名、坂の小二郎。救済(きゅうせい)の門弟。南北朝中期から頭角を現し、『応安(おうあん)新式』の追加制定にあたっては、二条良基(よしもと)から相談を受けている。一句に趣向を凝らした手のこんだ句を得意とし、南北朝後期から室町初期にかけて、その句風は連歌界を席巻(せっけん)した。「さだめぬものを旅の行末」の前句に、「風ふけばあすのとまりに舟のきて」など代表作の一つである。『菟玖波集(つくばしゅう)』入集句のほか、『独吟百韻』『侍公周阿百番連歌合』『良基周阿百番連歌合』などが伝えられている。[木藤才蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

周阿の関連キーワード救済(きゅうせい、連歌師)梵灯庵・梵燈庵今川了俊梵灯庵主落書露顕木藤才蔵没年梵灯有心利阿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android