コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺繍釈迦如来説法図 ししゅうしゃかにょらいせっぽうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺繍釈迦如来説法図
ししゅうしゃかにょらいせっぽうず

白平絹に多彩な色糸釈迦の説法相を刺繍したもので,技法的には鎖繍 (くさりぬい) と相良 (さがら) 繍を併用。奈良国立博物館蔵。もと京都勧修寺に伝わったことから『勧修寺繍帳』とも呼ばれる。繍仏の制作が盛んであった奈良時代8世紀の唯一の遺品。樹下の宝床に腰掛けた釈迦を中心に,多数の菩薩や仏弟子,楽天などが集る図様は,法隆寺金堂壁画浄土図よりも,一層荘厳さを増して中国,盛唐期の仏説法図を思わせ,絵画史上でも重要。国宝。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

刺繍釈迦如来説法図の関連キーワード奈良国立博物館勧修寺繍帳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android