コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺蛾 イラガ

2件 の用語解説(刺蛾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いら‐が【×蛾】

イラガ科のガ。体はふっくらし、黄色で、翅(はね)の開張33ミリくらい。前翅の先半分が褐色、付け根のほうは白褐色。幼虫は「いらむし」とよばれ、毒針をもち、人が触れると痛い。カキ・カエデヤナギなどの葉を食べる。繭は「すずめのしょうべんたご」とよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いらが【刺蛾】

イラガ科のガ。開張約33ミリメートル。前ばねは黄色で二本の褐色の線がある。幼虫はイラムシと呼ばれる毛虫で、毒針をもち、人が触れると痛みを与える。カキ・ナシ・リンゴ・ナツメなどの害虫。繭はスズメノショウベンタゴ・スズメノタゴなどといい、卵形でかたい。6~9月頃に羽化。日本各地とアジア東部に分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone