コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川善兵衛 まえかわ・ぜんべえ

朝日日本歴史人物事典の解説

前川善兵衛

没年:宝永6(1709)
生年:寛永14(1637)
江戸前期,盛岡藩吉里吉里村(岩手県大槌町)を根拠地として活躍した商人。名は富永,2代善兵衛を襲名,通称東屋孫八。17世紀末から三陸産水産物の関東移出などに携わるなかで急成長,同家発展の基盤を作った。前川家は18世紀半ばには盛岡藩の特権商人として最盛期をみるが,その後相次ぐ御用金の賦課などにより急速に衰退,18世紀末には没落は決定的となる。が一方で,このころから漁業経営に積極性を示し,遠隔地から海士を雇い 潜漁 を経営するなどユニークな活動を展開。衰退しつつも,漁業家としての前川家の活動は幕末まで続いた。<参考文献>『大槌町漁業史』,小川国治『江戸幕府輸出海産物の研究』

(高橋美貴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

前川善兵衛の関連キーワード東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川家宣尚貞王徳川綱吉徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android