コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陸 さんりく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三陸
さんりく

岩手県南東部,大船渡市東部の旧町域。吉浜湾(よしはまわん),越喜来湾(おっきらいわん),綾里湾(りょうりわん)の 3湾と同名の 3地区が 1889年以来それぞれ 1村をなしていたが,1956年合体,三陸村となり,1967年町制施行,2001年西に隣接する大船渡市に編入された。沖合いは好漁場で海産物に恵まれ,乾燥物の「キッピン(吉浜)アワビ」は海外に知られていた。越喜来湾でのワカメやホタテガイの養殖,吉浜湾の定置網漁業が有名。域内のほとんどを山林が占め,マツ,スギの美林が多く,北西部の山麓地帯は五葉山県立自然公園に属する。気象庁大気環境観測所など科学関連の施設がある。海岸部はリアス海岸で,綾里展勝地,千歳海岸などの景勝が続き,三陸復興国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんりく【三陸】

陸奥むつ・陸中・陸前の三国の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三陸
さんりく

岩手県南東部、大船渡(おおふなと)市の一地区。旧気仙(けせん)郡三陸町。旧三陸町は1956年(昭和31)綾里(りょうり)、吉浜(よしはま)、越喜来(おきらい)の3村が合併して三陸村となり、1967年町制施行。2001年(平成13)大船渡市に編入。太平洋に臨み、北は釜石(かまいし)市に接する。三陸鉄道南リアス線、国道45号が南北に走る。東部は典型的なリアス式海岸で、死骨(しこつ)崎、首(こうべ)崎、脚(すね)岬、綾里崎の小半島が突出し、その間にV字型の唐丹(とうに)湾、吉浜湾、越喜来湾の湾入がみられる。漁業が主体で、ワカメやホヤの養殖や、マス、サケ、マグロなどの漁獲が行われる。小壁(こかべ)漁場はブリの定置網で知られる。吉浜のアワビは、かつて中国で吉浜鮑(キッピンハオ)として珍重された。越喜来に東北大学大学院理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター(三陸地震観測所)がある。海岸一帯は三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)域。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三陸の関連キーワード宮城県本吉郡南三陸町志津川上保呂毛宮城県本吉郡南三陸町志津川清水浜宮城県本吉郡南三陸町志津川大森町宮城県本吉郡南三陸町志津川旭ケ浦宮城県本吉郡南三陸町志津川秋目川宮城県本吉郡南三陸町志津川天王前宮城県本吉郡南三陸町志津川御前下宮城県本吉郡南三陸町志津川内井田宮城県本吉郡南三陸町志津川五日町宮城県本吉郡南三陸町志津川磯の沢宮城県本吉郡南三陸町志津川大上坊宮城県本吉郡南三陸町志津川大久保宮城県本吉郡南三陸町志津川竹川原宮城県本吉郡南三陸町志津川北の又宮城県本吉郡南三陸町志津川上の山宮城県本吉郡南三陸町志津川松井田宮城県本吉郡南三陸町志津川廻館前宮城県本吉郡南三陸町志津川天王山宮城県本吉郡南三陸町志津川十日町宮城県本吉郡南三陸町志津川中瀬町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三陸の関連情報