きりきり(読み)キリキリ

デジタル大辞泉の解説

きり‐きり

[副]
物が強く擦れ合う音を表す語。「歯をきりきり(と)いわせて悔しがる」
きつく巻きつけるさま。「後ろ手にきりきり(と)縛りあげる」
激しく回転するさま。「きりきり(と)回りながら墜落する」
弓弦を強くいっぱいに引くさま。また、その音を表す語。「弓をきりきり(と)引き絞る」
鋭く痛むさま。「胃がきりきり(と)痛む」
物事をてきぱきとするさま。「きりきり(と)立ち働く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりきり

( 副 )
ものが勢いよく回転するさま。 「 -(と)まわりながら墜落する」
ひもなどを強く巻きつけるさま。 「革ひもを-(と)巻きつける」
物のきしる音を表す語。 「弓を-(と)引きしぼる」
腹や頭などが鋭く痛むさま。 「腹が-(と)痛む」
てきぱきと物事をするさま。さっさと。 「 -白状してしまひたまへ/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きり‐きり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物のきしってまわる音、歯をくいしばる音やさまなどを表わす
※古今帖(976‐987頃)六「かりがねの羽風を寒みはたおりめくだまく声のきりきりと鳴く」
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)下「内より片戸をきりきりと細目に開け」
② 強く力を入れて巻きつけたり、引きしぼったりするさまを表わす語。
※太平記(14C後)一二「二人張りに十二束二つ伏せ、きりきりと引きしぼりて」
③ 幾重にも渦を巻いているさま、くるくると回るさまを表わす語。
※宇治拾遺(1221頃)四「橋の下に、まだらなる蛇(くちなは)の、きりきりとしてゐたれば」
④ かいがいしくてきぱきとするさま。ぐずぐずしないで、さっさとするさまを表わす語。
※名語記(1275)六「きりきりとはたらく、きり、如何。キヒレリノ反。キビシキ義也」
⑤ 心がひきしまるさま、また、心に深くしみこむさまを表わす語。
※葬列(1906)〈石川啄木〉「近づいたナと思ふと、骨の髄までキリキリと沁む様な、或る聴取り難き言葉、否、叫声が嚇と許り自分の鼓膜を突いた」
⑥ 心がいらだったり、神経質になったりするさまを表わす語。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「又た忽ちキリキリと目尻を釣り上げた」
⑦ 頭、胸、腹などがさしこんで痛むさまを表わす語。
※御伽草子・福富長者物語(室町末)「おなかの痛む名残ありて〈略〉ほがみさしつつ、こときりきりと病」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きりきりの関連情報