コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前鋸筋 ぜんきょきん serratus anterior

2件 の用語解説(前鋸筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前鋸筋
ぜんきょきん
serratus anterior

側胸部の第1~9肋骨から起り,胸郭と肩甲骨との間を後内の方向に走り,肩甲骨内側縁と上角および下角の肋骨面についている筋肉。起始部がのこぎりの歯のような形をしているのでこの名がある。肩甲骨を前方に引く働きをするが,特に下3分の2の筋束は下角を前方に引いて肩甲骨を回し,上腕の屈曲と外転を助ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前鋸筋
ぜんきょきん

胸郭の両外側面にある三角状で薄い板状の筋をいう。前鋸筋は、その底辺にあたる部分を前方に向けた形で第1~第9肋骨(ろっこつ)に鋸歯(きょし)状に付着している。筋はこの部位からおこり、後方に向かって胸郭と肩甲骨との間を進み、肩甲骨の内側縁でその前面につく。前鋸筋は、全体として肩甲骨を前方に引く働きをもっている。また、この筋の下部3分の1ほどは、とくに筋が発達しており、肩甲骨を下方に引き下げようとするため、肩甲骨は回転して上腕の外転や屈曲を助けることとなる。なお、前鋸筋が麻痺(まひ)すると、同側の上腕を水平にあげることができなくなる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前鋸筋の関連キーワード胸郭胸郭成形術胸骨上腕三頭筋大腿四頭筋胸式呼吸上肢帯仄起り肩甲棘 (spine of scapula)肩甲切痕 (scapular notch, suprascapular notch)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone