剣戟(読み)ケンゲキ

大辞林 第三版の解説

けんげき【剣戟】

つるぎとほこ。武器。兵器。
刀剣を使って戦うこと。 「おりから起こる-の響き」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐げき【剣戟】

〘名〙
① つるぎとほこ。また、武器。
※経国集(827)一〇・聞右軍曹貞忠入道因簡大将軍良公〈淳和天皇〉「昨朝剣丹閣。今夕僧衣向花宮」 〔史記‐蘇秦伝〕
② (転じて) 刀剣。かたな。また、剣術。
※山鹿語類(1665)二一「度量〈略〉大丈夫生死一大事の地に臨み、白刃を蹈み、剣戟をほとばしらしめて剛操の節をあらわし」
③ たたかい。戦争。
※翰林葫蘆集(1518頃)一四「比日逆臣作乱義士致忠剣戟交鋒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

剣戟の関連情報