コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ほこ halberd

翻訳|halberd

6件 の用語解説(矛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ほこ
halberd

鉾,桙,槍,戈,鋒,戟とも書く。地域,時代,用途などで形状は異なるが,一般に,長柄の先に諸刃 (もろは) の剣をつけた刺突用の武器。東洋では青銅器時代に中国などで考案された。大別すると,長さによって長鋒 (ちょうぼう) ,短鋒の別,刃の幅によって広鋒,狭鋒に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼう【矛】[漢字項目]

ほこ【矛/×鉾/×戈/×鋒/×戟】

両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器。青銅器時代鉄器時代の代表的な武器で、日本では弥生時代銅矛・鉄矛がある。のちには実用性を失い、呪力(じゅりょく)をもつものとして宗教儀礼の用具とされた。広く、攻撃用の武器のたとえとしても用いる。「―を向ける」
弓の幹(から)。弓幹(ゆがら)。
1を立てた山車(だし)。特に京都祇園会(ぎおんえ)山鉾(やまぼこ)。ほこだし。 夏》「―処々にゆふ風そよぐ囃子(はやし)かな/太祇

む【矛】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉) ボウ(漢) [訓]ほこ
〈ム〉武器の一種。ほこ。「矛盾
〈ボウ〉ほこ。「矛戟(ぼうげき)
〈ほこ(ぼこ)〉「矛先玉矛(たまぼこ)
[名のり]たけ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

矛【ほこ】

鉾とも書く。金属製の両刃の利器に長い柄を付けた刺突用の武器。日本では弥生(やよい)時代から鎌倉初期まで用いられた。→(か)/銅矛
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ほこ

鉾、戈、戟、槍、桙とも書く。古代から平安末期に至るまで用いられた、双刃(もろは)の突き刺しのための長柄(ながえ)の武具。古墳などに広幅で刃もない青銅製の非実用のものが副葬され、かつ記紀に天沼矛(あまのぬぼこ)の島生みの伝説があるように神秘的・宗教的な性格もあった。同じく記紀にみえる比々羅木(ひひらぎ)の八尋(やひろ)矛、赤矛、黒矛などは木製で、呪術(じゅじゅつ)的な象徴的武具であったことを物語る。このため長く神前や宮門を飾る威儀の具として、盾と組み合わされて用いられた。奈良春日(かすが)大社に残る神宝の鉾(平安時代)や、『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』や『文永加茂(ぶんえいかも)祭絵巻』にみる検非違使(けびいし)の放免の携帯する鉾、賀茂競馬に現在も用いられる儀仗(ぎじょう)の鉾など、その遺風である。
 奈良時代の実用具として正倉院(しょうそういん)に23口収蔵され、片鎌や後世の槍(やり)状の穂の形式が認められるが、原則として、穂に柄を付けるのに槍・長刀(なぎなた)のように中茎(なかご)をもってせず、穂袋に柄を差し込むのが特徴である。片手に盾を持ち、右手のみで鉾を操作するため、柄はあまり長くなく、かつ「鋭(と)き鉾の中執(と)り持ちて」(中臣(なかとみ)の寿詞(よごと))にあるように、柄の中ほどをとって突くことになる。このため石突(いしづき)を鋭利にしたり、柄に糸を巻いたもの(春日大社神宝)もある。このように片手操作を原則としたためか、戦闘が漸次、熾烈(しれつ)になる平安末期ごろから、両手で全力でなぎ切り、突くことのできる長刀や中世の槍に、その座を譲ることになる。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【銅矛】より

…矛は長い柄を装着する刺突用の武器のうち,柄を挿入する袋状の装置(銎(きよう))があるものを指す。銅矛すなわち青銅製の矛はまず中国で用いられるようになり,後に朝鮮・日本に伝わった。…

【武器】より

…すなわち,鎖帷子(くさりかたびら),鎖靴下,冑(兜),剣,槍,盾,棍棒,短剣,肩当,鉄靴,軍衣,下着,ズボン,靴下,帯,外套,毛皮の17品目だが,このうち槍と剣がおよそ8kg,兜と鎖帷子と盾だけで25kgを超えるから,明らかに防御の武器に重点がかかっている。
[歩兵の役割――弩と矛]
 騎士戦華やかな時代にも,歩兵が廃絶したわけではない。それどころか,補助兵力として不可欠だったほかに,攻城戦や籠城戦では決定的な役割を演じた。…

【槍∥鎗∥鑓】より

…長い柄をもった尖頭器。柄をさし込む部分が袋状になっているものは矛(ほこ)とも呼ばれる。
【先史・古代の槍】
 木製,竹製の槍は,古くから人類が武器として用いたにちがいない。…

※「矛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矛の関連キーワード気付け手燭刀剣薙ぎ鎌諸刃の剣柄の無い所に柄を挿げる歯鏡水枡両刃の剣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矛の関連情報