コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剪断加工 せんだんかこう shearing

2件 の用語解説(剪断加工の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剪断加工
せんだんかこう
shearing

工具を用いて素材(おもに板材)に剪断応力を与え,所要の形状,寸法に切断する加工。加工範囲は広く,一部切削加工に属するものもあるが,次の各加工に大別されている。 (1) 突っ切り加工 ゴムやプラスチックなどの比較的やわらかい素板を基板の上に載せ,所要の形状をした切刃を押しつけて切り取る方法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剪断加工
せんだんかこう

金属板をまっすぐに切断(直線切り)するには剪断機またはシャーとよばれる機械が使われる。これは、切れ刃のついた一対の工具を鋏(はさみ)のように互いに傾けて取り付け、刃を材料に強く圧しつけて食い込ませ切断する機械である。一般に一対の切れ刃工具を用いて大きな板または長い棒状の材料から所定の形状、寸法の材料を切断、分離する作業を剪断加工といい、金属加工の分野できわめて広く行われている。剪断加工は剪断機を用いて行う場合と、プレスに剪断金型を取り付けて行う場合とに大別される。剪断機による作業は直線切りが多く、大型の剪断機には、切れ刃の長さが7メートルに及び、厚さ5センチメートル程度までの厚い鉄板を切るものもある。また、短い直線刃または円板に切れ刃をつけた回転刃を用いて、厚さ5ミリメートル程度までの鉄板の曲線切りができる剪断機も考案されている。管、棒、形材の切断には、それぞれの断面形に応じた形状の切れ刃工具が使われる。プレスに剪断金型を取り付けて行う剪断は、剪断機で行う場合よりも、複雑な形状の製品を精度よく多量に生産できる。金属板の所定位置に穴をあける場合は穴あけまたは穴抜き加工とよばれ、板厚の半分ぐらいまでの直径の小円孔をあけられる。穴あけとは逆に、剪断によって切り落とされた切片のほうを製品とする場合は、打抜き加工とよばれる。これらの剪断加工は、曲げや絞りなどのプレス加工と組み合わせて行われることが多い。高速のプレスでは毎分の作業回数が2000に及ぶものがある。剪断切り口面がきれいで寸法、形状の精度が高い製品を得るために、仕上げ抜き法、精密剪断法、対向ダイス剪断法、上下抜き法、縁仕上げ法などの方法が考案実施されている。剪断加工はプラスチック板や紙に対しても行われる。[高橋裕男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剪断加工の関連キーワード工具主応力剪断剪断応力クーロン‐ナヴィエの破壊条件剪断応力の式ドラッカー‐プラーガーの降伏条件トレスカの降伏条件フランク‐リード則せん断応力

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone