コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副咽頭間隙膿瘍 ふくいんとうかんげきのうよう Parapharyngeal Space Abscess

1件 の用語解説(副咽頭間隙膿瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふくいんとうかんげきのうよう【副咽頭間隙膿瘍 Parapharyngeal Space Abscess】

[どんな病気か]
 副咽頭間隙は咽頭腔(いんとうくう)の外側にあり、頭蓋底(ずがいてい)を底面とし、舌骨大角(ぜつこつたいかく)を頂点とする逆円錐形(ぎゃくえんすいけい)で、ゆるやかに結合した脂肪組織で満たされた間隙(すき間)です。
 周囲は咽頭壁や筋肉、耳下腺組織(じかせんそしき)などで囲まれています。この中には頸動脈(けいどうみゃく)、頸静脈(けいじょうみゃく)、多くの神経(舌咽神経(ぜついんしんけい)、迷走神経(めいそうしんけい)、副神経、舌下神経(ぜっかしんけい))、リンパ節などが含まれます。
 この副咽頭間隙に膿汁(のうじゅう)がたまる病気で、急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)、扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)、むし歯の炎症、下咽頭・食道入口部の外傷、異物などが原因となります。
[症状]
 くびの痛み、発熱、口が開けられない、下顎部(かがくぶ)の腫(は)れ、くびの運動制限がみられます。
 治療しないで放置すると、副咽頭間隙にある神経のまひ症状(しわがれ声、舌の偏位など)や呼吸困難、頸静脈血栓(けいじょうみゃくけっせん)が現われます。
 診察すると、扁桃上後方の腫れがみられ、扁桃が正中(せいちゅう)、前方に押し出されたようになっています。
[治療]
 この病気が疑われた場合は、CTやMRIによる検査が行なわれます。
 診断がついたら、できるだけ早く全身麻酔下で頸部の切開・排膿(はいのう)が行なわれます。抗生物質の使用も不可欠です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

副咽頭間隙膿瘍の関連キーワード咽頭咽頭炎咽頭音舌咽神経咽頭結膜熱何心地咽頭化咽頭歯咽頭 (pharynx)咽頭麻痺 (pharyngoplegia)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone