コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割出し台 わりだしだい dividing head; index head

2件 の用語解説(割出し台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割出し台
わりだしだい
dividing head; index head

工作物の円周を所要の角度に分割する作業 (割出しという) に用いる器具。機械的なものと光学的なものとある。いずれもこの器具の主軸 (工作物を取付ける軸) は歯車機構を介してハンドルと連動し,減速されて,ハンドルの回転角の数十分の1が主軸に伝達される仕組みになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

割出し台
わりだしだい

円周を任意の数に等分割する、いわゆる割出し作業に用いられる装置。歯切り、ドリルフライスの溝削りなどのフライス削り、位置決めまたは測定などに利用される。工作物は割出し台の主軸に直接取り付けるか、あるいは主軸のセンターと芯(しん)押し台のセンター間で支持する。主軸とハンドルはウォーム歯車および平歯車機構を介して連結しており、その回転角の比は1対40(主軸対ハンドル)のものが多い。また、ハンドル側には種々の個数の小穴が同心円状に配列された割出し板が設けられており、これによりハンドル1回転の端数を割り出すことができる。主軸を水平方向に固定した固定形と、主軸を任意の角度に傾けられる万能形とがある。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割出し台の関連キーワードトースカン工作物分度器劣弧逃角半円周回し金分社型分割と分割型分割旋削割出台

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone