コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角度定規 カクドジョウギ

5件 の用語解説(角度定規の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくど‐じょうぎ〔‐ヂヤウギ〕【角度定規】

工作物などの角度を測定する器具。測定物を挟む2本のアームと、その角度を示す目盛り円盤とからなる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくどじょうぎ【角度定規 bevel protractor】

物体の2面間の角度を,それらの面に腕をあて,目盛円板で読み取る測定器である。図は工業用機械的角度定規で,ストックブレードに被測定面をあてて目盛を読み取る。小さい角度の場合,鋭角アタッチメントを使用する。ストックは目盛円板に,ブレードは1/12のバーニヤの目盛をもつタレットに取り付けられている。ガラス製目盛円板を拡大鏡,または顕微鏡によって読み取る光学的角度定規も用いられる。いずれも最小読取値は5分のものが広く用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくどじょうぎ【角度定規】

工作物などの二面間の角度を直接はかる器具。測定する物体を二本の腕ではさみ目盛り円盤に示された数値を読み取る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角度定規
かくどじょうぎ

角度を測定するのに用いられる定規。任意の角を測定するもっとも簡単なものは分度器であるが、さらに正確に測定したいときに用いられるのが角度定規である。ベースプレートストレートエッジと目盛り板よりなっている。ベース・プレートは目盛り板と一体で、ストレート・エッジは目盛り板の中心の周りを回転する。ベース・プレートを固定し、ストレート・エッジを回転させたとき、二つの間の角度を目盛り板の目盛りで読み取ることができる。回転角はバーニヤを用いて5分(ふん)まで読むことができる。工作機械に用いられている割出し台は品物を固定する回転台があり、回転角は1分(ぷん)読みである。このほか光学的に角度を2秒程度まで読むことのできる光学的角度定規もある。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone