割引政策(読み)わりびきせいさく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

割引政策
わりびきせいさく

中央銀行は伝統的に市中銀行に対して商業手形の再割引によって貸出を行ってきたことから、以前は商業手形割引歩合が公定歩合の中心であった。この割引歩合の変更操作を割引政策という。たとえば景気が上昇し国際収支が赤字になると、中央銀行は割引歩合を引き上げて市中金利を上昇させ、景気調整を図り、反対に不景気のときには、割引歩合を引き下げ、市中金利の低下を通じて景気の回復を図った。ただし最近は、この割引政策という用語はほとんど用いられていない。[石田定夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の割引政策の言及

【金融政策】より

…中央銀行の貸出しは割引と貸付けの二つからなり,前者は市中金融機関が割り引いた手形の再割引を中央銀行に求めるものであり,後者は金融機関に対する手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し等の貸付けである。古くは中央銀行の貸出しは再割引が中心であったから,貸出政策は割引政策ないし再割引政策と呼ばれた。その後,通常の貸出しが増加するにつれて貸出政策という言葉が使われるようになった。…

※「割引政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android