コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割引政策 わりびきせいさく

2件 の用語解説(割引政策の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

割引政策【わりびきせいさく】

金利政策のうち手形の割引率の変更にかかわるものをいうが,金利政策と同義にも用いる。→手形割引再割引

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

割引政策
わりびきせいさく

中央銀行は伝統的に市中銀行に対して商業手形の再割引によって貸出を行ってきたことから、以前は商業手形割引歩合公定歩合の中心であった。この割引歩合の変更操作を割引政策という。たとえば景気が上昇し国際収支が赤字になると、中央銀行は割引歩合を引き上げて市中金利を上昇させ、景気調整を図り、反対に不景気のときには、割引歩合を引き下げ、市中金利の低下を通じて景気の回復を図った。ただし最近は、この割引政策という用語はほとんど用いられていない。[石田定夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の割引政策の言及

【金融政策】より

…中央銀行の貸出しは割引と貸付けの二つからなり,前者は市中金融機関が割り引いた手形の再割引を中央銀行に求めるものであり,後者は金融機関に対する手形貸付け,証書貸付け,当座貸越し等の貸付けである。古くは中央銀行の貸出しは再割引が中心であったから,貸出政策は割引政策ないし再割引政策と呼ばれた。その後,通常の貸出しが増加するにつれて貸出政策という言葉が使われるようになった。…

※「割引政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone