割(り)戻し(読み)ワリモドシ

デジタル大辞泉の解説

わり‐もどし【割(り)戻し】

[名](スル)割り戻すこと。また、その金銭。リベートをいうこともある。「税金を割り戻しする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の割(り)戻しの言及

【リベート】より

…売手側が支払を受けた額の一部を買手側に払い戻すこと,およびその払い戻されたものをいう。割戻し,歩戻しなどともいう。長期契約や大量契約をしてくれた買手に対する特別な割引制度の一つとして,欧米では通常の商取引であり,契約に明文化されることも多い。…

※「割(り)戻し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android