返上(読み)へんじょう

精選版 日本国語大辞典「返上」の解説

へん‐じょう ‥ジャウ【返上】

〘名〙 (「へんしょう」とも) その相手をうやまい、返すことをへりくだっていう語。お返しすること。返進。また、一般に、返すこと、もどすことをいう。
※明衡往来(11C中か)上本「夜光之璧何加琢磨乎、仍謹以返上耳」
※虎寛本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「それ成らば二つ三つ取た瓜も返上致しまする程に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「返上」の解説

へん‐じょう〔‐ジヤウ〕【返上】

[名](スル)返すことを、相手をうやまい、へりくだっていう語。また、一般に、返すこと。または、受け取らないこと。「タイトルを返上する」「休日を返上して働く」「汚名返上
「ちゃんと金が出来るからすぐに―する」〈福沢福翁自伝
[類語]返還返却返品還付返送返戻奉還償却償還返納返済完済皆済弁済返金返本返杯倍返し返す払い戻し割り戻し割り戻す払い戻すリベートキックバックペイオフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android