コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力のモーメント ちからのモーメントmoment of force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力のモーメント
ちからのモーメント
moment of force

物体を回転させようとするの効果の大きさを表す量。トルクともいう。図のように,位置ベクトル  の点P に働く力 F の作用線に,点O からおろした垂線の長さを h とする。点O のまわりの力 F のモーメント NN の大きさを NF の大きさを F とすると NhF で,rF を含む面に垂直なベクトルであり,正確には rF のベクトル積 Nr×F で定義される。大きさ N は △OPQ の面積の 2倍である。角運動量 l の時間変化率は力のモーメント N に等しく,dl/dtNr×F である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちから‐の‐モーメント【力のモーメント】

物体をある軸またはのまわりに回転させようとする力の働きを表す量。力の大きさと、その点から力の作用線までの距離とので表される。力の能率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからのモーメント【力のモーメント】

物体をある基準点または固定軸のまわりに回転させようとする力の働きを表す量。その大きさは基準点から力の作用線に下した垂線の長さと力の大きさとの積で表される。力の能率。トルク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

力のモーメントの関連キーワードモーメントマグニチュードジャイロスタビライザーオイラーの運動方程式トーションバランスモーメント(物理)運動量保存の法則モーメントアームブラジウスの理論ブラジウスの公式地震モーメント曲げモーメントモーメント回転トルクねじり秤ベクトル角運動量歳差運動自由回転基準点たわみ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力のモーメントの関連情報