コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加太こうじ かた こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加太こうじ かた-こうじ

1918-1998 昭和-平成時代の評論家。
大正7年1月11日生まれ。14歳で紙芝居作家となり,「黄金バット」などのヒット作をうみだした。紙芝居の衰退で著述業に転じ,江戸の下町風俗や芸能を題材とする著作や文明批評で注目される。昭和55年「思想の科学」社長兼編集長。61年日本福祉大教授。平成10年3月13日死去。80歳。東京出身。太平洋美術学校卒。本名は加太一松(いちまつ)。著作に「紙芝居昭和史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加太こうじの関連キーワード三笑亭 夢楽(2代目)殿山 泰司山中峯太郎西村 晃相馬泰三少女小説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加太こうじの関連情報