コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加来春斎 かく しゅんさい

美術人名辞典の解説

加来春斎

医師。福岡県生。諱は惟俊。シーボルトに師事した。明治24年(1891)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加来春斎 かく-しゅんさい

1808-1891 江戸後期-明治時代の医師。
文化5年生まれ。佐伯太庵にまなび,長崎でシーボルトについて西洋医学を研究する。近江(おうみ)(滋賀県)日野で開業し,種痘の術をひろめ天然痘の感染防止につくした。また書画を愛好し,梁川星巌(やながわ-せいがん)らと親交があった。明治24年4月17日死去。84歳。豊前(ぶぜん)出身。名は惟俊。字(あざな)は敬叔。通称は寿年。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加来春斎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android