コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加無山県立自然公園 かぶやまけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加無山県立自然公園
かぶやまけんりつしぜんこうえん

山形県北部,秋田県境にある加無山 (997m) を中心とする自然公園。面積 85.02km2。 1963年指定。真室川町に属し,丁岳山地の南側,神室山地の北西部を占める。加無山の北西方には丁岳 (1146m) ,大森山 (1078m) ,萱森 (1075m) ,雁唐山 (1045m) などがそびえ,南東方には,出穴森 (869m) ,金倉山 (755m) ,黒森 (1058m) がある。全般に未開発の山岳地域で,集塊岩の奇岩が多く,頂上付近には高山植物が多い。加無山山頂からの眺望は開け,南東に神室山,南に庄内平野から月山,北西に鳥海山が一望できる。大滝,及位 (のぞき) が登山基地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

加無山県立自然公園の関連キーワード真室川町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android