丁岳山地(読み)ひのとだけさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁岳山地
ひのとだけさんち

秋田,山形県境を東西に連なる標高 1000m前後の山地主峰丁岳 (1146m) 。雄勝峠 (427m) から東は神室山地で,西は鳥海山 (2230m) 山麓に連続する。鳥海山南麓の湯ノ台鉱泉の北方には,天然アスファルトの露頭がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのとだけさんち【丁岳山地】

秋田・山形県境に東西に連なる標高900~1100mの山地。出羽山地最南端にあたる。東は雄勝(おがち)峠で神室(かむろ)山地に,西は鍋倉峠をもって鳥海山に接続する。北は子吉川の谷を隔てて笹森丘陵に臨み,南は最上川水系の鮭川流域に下る。広義には丁岳と鳥海山のなかほどから最上川の横谷まで約30kmにわたって南北にのびる山地も含める。県境をなす主脈は,最高峰の丁岳(1146m),萱森(1075m),大森山(1078m),雁唐(がんから)山(1045m)などからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県(山形県)〕丁岳山地(ひのとだけさんち)


秋田・山形県境を東西に連なる山地。標高は1000m内外で、出羽(でわ)山地の南部を構成。東は雄勝(おがち)峠を越えて神室(かむろ)山地、西は鳥海(ちょうかい)山に続く。主峰の丁岳(標高1146m)・大森(おおもり)山・雁唐(がんから)山・加無(かぶ)山などが連なる。一帯はまたぎ猟で名高い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丁岳山地
ひのとだけさんち

秋田・山形県境に連なる山地。東は雄勝(おがち)峠で神室(かむろ)山地と接し、西は鳥海(ちょうかい)山へ続く。凝灰岩、硬質頁(けつ)岩、安山岩などからなる。主峰の丁岳(1146メートル)をはじめ、大森山、雁唐(がんから)山などの山々が連なる。一帯は侵食による鋭い地形が多く、かつては鳥海マタギの最大の猟場であった。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android