コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神室山地 かむろさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神室山地
かむろさんち

秋田県宮城県山形県の 3県に連なる山地。東は栗駒山(1626m),西は神室山(1365m),雄勝峠(427m),北は虎毛山(1433m),南は禿岳(小鏑山,1262m),花淵山(985m)に達する。古第三紀層と新第三紀層からなる山地で,栗駒山,高松岳などの火山や花崗岩の露出する山地もみられる。奥羽山脈に属し,複雑な地質構造を反映し,高度のわりに急峻な地形となっている。鬼首峠越えの自動車道路(国道108号線)の完成により,宮城県と秋田県が結ばれ観光開発が進んだ。栗駒国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かむろさんち【神室山地】

宮城・山形・秋田3県の県境が会する付近に広がる地塊山地で,奥羽山脈の一部を構成する。主として安山岩凝灰岩などの第三紀層からなるが,基盤の花コウ岩が露出するところもある。神室山(1365m)と軍沢(いくさざわ)岳(1194m)を結ぶ稜線を中心にして,標高1100~1300m前後の定高性山稜が四方にのびる。東へは国道108号線の通る鬼首(おにこうべ)峠をはさんで虎毛山,須金岳,山猫森などを経て栗駒山(1628m)まで,北へは前神室山,水晶森,黒森などが連なって雄勝(おがち)峠に,南西へは天狗森,小又山,火打岳などの山稜,南東へは大鏑(おおかぶら)山,小鏑山(禿(かむろ)岳),大柴山からスキー場のある花淵山まで,それぞれ急峻な山容を伴う壮年山地の山岳景観が展開する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県(秋田県・山形県)〕神室山地(かむろさんち)


宮城・秋田・山形3県境に広がる山地。奥羽(おうう)山脈中部に位置する。主峰の神室山(標高1365m)を中心に、急峻(きゅうしゅん)な山稜(さんりょう)が四方に延びる。山麓(さんろく)・山腹には鬼首(おにこうべ)温泉郷・秋ノ宮(あきのみや)温泉郷などの温泉郷やスキー場が点在し、登山客も多い。東半部は栗駒(くりこま)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神室山地
かむろさんち

宮城、山形、秋田3県にまたがる山地。主峰は神室山(1365メートル)で、山稜(さんりょう)は四方に延び、東は栗駒山(くりこまやま)に、南は大鏑山(おおかぶらやま)、小鏑岳を経て花淵山(はなぶちやま)に、西は秋田・山形県境に沿って雄勝(おがち)峠に、北は虎毛山(とらげやま)から高松岳に至る。脊梁(せきりょう)山地特有の激しい地殻変動と複雑な地質構造を反映して、高度のわりに急峻(きゅうしゅん)な山容を呈している。奥羽山脈の奥深くに位置することから、登山者も比較的少ない。1965年(昭和40)宮城県から秋田県役内(やくない)川に通ずる国道108号が開通し、観光開発も進みつつある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神室山地の関連キーワード加無山県立自然公園秋田(県)山形(県)丁岳山地

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android