コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納宗七 かのう そうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納宗七 かのう-そうしち

1827-1887 明治時代の実業家,地域開発者。
文政10年6月23日生まれ。紀伊(きい)和歌山の人。陸奥宗光らの尊攘(そんじょう)運動にくわわる。慶応3年神戸にうつり,外国事務役所の材木用達,和歌山藩開物局神戸下店の頭取となり,運輸業にも進出。明治5年生田(いくた)川の旧河川敷13.8haをかいとり,うめたてて加納町を造成。8年小野浜に港湾を築造した。明治20年5月5日死去。61歳。屋号は有本屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加納宗七の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android