コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤まさを かとう まさを

2件 の用語解説(加藤まさをの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤まさを かとう-まさを

1897-1977 大正-昭和時代の挿絵画家,小説家。
明治30年4月10日生まれ。立大在学中に詩画集「かなりやの墓」を出版。「少女倶楽部(クラブ)」などに叙情画,叙情詩を発表。また「遠い薔薇(ばら)」「消えゆく虹(にじ)」などの少女小説もかく。童謡詩「月の沙漠(さばく)」はとくに有名。昭和52年11月1日死去。80歳。静岡県出身。本名は正男。作品はほかに詩画集「合歓(ねむ)の揺籃(ゆりかご)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤まさを
かとうまさお
(1897―1976)

挿絵画家、詩人、小説家。本名は正男。静岡県藤枝に生まれ、立教大学英文科を卒業。在学中に詩画集『カナリヤの墓』(1920)を出版して挿絵画家、詩人としてスタート主として少女雑誌、婦人雑誌に線描中心の叙情的な挿絵を描いた。童謡、叙情詩集に『合歓(ねむ)の揺籃(ゆりかご)』(1921)、『まさを抒情(じょじょう)詩集』(1926)など、小説・少女小説集に『遠い薔薇(ばら)』(1926)、『消えゆく虹(にじ)』(1929)などがあり、彼の作詩になる童謡『月の沙漠(さばく)』(佐々木すぐる作曲)は有名である。[上笙一郎]
『『加藤まさを抒情画集』(1977・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤まさをの関連キーワード山口草平苅谷深隍斎藤五百枝志村立美鈴木御水寺本忠雄富永謙太郎福島鉄次松野一夫嶺田弘

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone