コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤まさを かとう まさを

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤まさを かとう-まさを

1897-1977 大正-昭和時代の挿絵画家,小説家。
明治30年4月10日生まれ。立大在学中に詩画集「かなりやの墓」を出版。「少女倶楽部(クラブ)」などに叙情画,叙情詩を発表。また「遠い薔薇(ばら)」「消えゆく虹(にじ)」などの少女小説もかく。童謡詩「月の沙漠(さばく)」はとくに有名。昭和52年11月1日死去。80歳。静岡県出身。本名は正男。作品はほかに詩画集「合歓(ねむ)の揺籃(ゆりかご)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤まさを
かとうまさお
(1897―1976)

挿絵画家、詩人、小説家。本名は正男。静岡県藤枝に生まれ、立教大学英文科を卒業。在学中に詩画集『カナリヤの墓』(1920)を出版して挿絵画家、詩人としてスタート。主として少女雑誌、婦人雑誌に線描中心の叙情的な挿絵を描いた。童謡、叙情詩集に『合歓(ねむ)の揺籃(ゆりかご)』(1921)、『まさを抒情(じょじょう)詩集』(1926)など、小説・少女小説集に『遠い薔薇(ばら)』(1926)、『消えゆく虹(にじ)』(1929)などがあり、彼の作詩になる童謡『月の沙漠(さばく)』(佐々木すぐる作曲)は有名である。[上笙一郎]
『『加藤まさを抒情画集』(1977・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加藤まさをの関連キーワード千葉県夷隅郡御宿町月の沙漠記念館加藤 まさを眞理ヨシコ御宿(町)上笙一郎挿絵画家昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android