コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤俊子 かとう としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤俊子 かとう-としこ

1839*-1899 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)9年12月1日生まれ。子供を宣教医パームの病院に入院させたことからキリスト教を知り,明治17年洗礼をうける。女子伝道学校でまなび,22年東京で女子独立学校を創設。女性の経済的自立などをめざす教育をおこなった。明治32年6月27日死去。62歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓白井

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤俊子

没年:明治32.6.27(1899)
生年:天保9.12.1(1839.1.15)
明治期の教育者。女子独立学校校長。越後国(新潟県)生まれ。13歳で同国板屋沢村の大庄屋加藤雄次郎と結婚。3男1女をもうけたが,31歳で夫と死別。明治14(1881)年,末子弘吉を病気治療のために宣教医T.A.パームの病院に入院させたことがきっかけでキリスト教に接触した。同17年R.H.デヴィスより受洗。長男勝弥の上京に伴って出京し,K.M.ヤングマンの女子伝道学校に学ぶ。同22年女子独立学校を開校し,校長に就任。中流階層以下の女性に,働きながら一身の経済的,人格的自立を図れる教育を行った。<参考文献>『女子学院の歴史』,本井康博『回想の加藤勝弥―クリスチャン民権家の肖像』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

加藤俊子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android