コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤善治(2代) かとう ぜんじ

1件 の用語解説(加藤善治(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤善治(2代) かとう-ぜんじ

1825-1901 幕末-明治時代の陶工。
文政8年生まれ。初代加藤善治の子。尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。弘化(こうか)3年(1846)陶器から磁器に転じて煎茶(せんちゃ)急須をつくり,これが瀬戸での磁器製急須の始まりとされる。明治8年岩手県にいき,磁器の製作を指導。明治34年5月21日死去。77歳。号は早梅亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤善治(2代)の関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧正岡子規林佐野アメリカ音楽表千家カクラン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone