コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤宇万伎 かとううまき

2件 の用語解説(加藤宇万伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤宇万伎
かとううまき

[生]享保6(1721)
[没]安永6(1777)
江戸時代中期の国学者,歌人。河津美樹ともいう。号は静廼舎 (しずのや) 。江戸幕府大番の士。賀茂真淵門下。万葉派歌人であるが歌風は古今,新古今風。家集『静舎家集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤宇万伎
かとううまき
(1721―1777)

江戸中期の歌人、国学者。美樹(うまき)とも書く。通称大助。号は静舎(しずや)。江戸の人。河津祐之の養子となって美濃大垣(みのおおがき)新田藩戸田淡路守(あわじのかみ)氏房に仕え、のち致仕して、幕府大番(おおばん)の与力(よりき)となり、3年ごとに大坂城や二条城に勤番した。25歳のとき賀茂真淵(かもまぶち)に入門して和歌と国学を学び、加藤千蔭(ちかげ)、村田春海(はるみ)、楫取魚彦(かとりなひこ)とともに県門(けんもん)四天王と称せられたが、「もののふの草むすかばね年ふりて秋風寒しきちかうの原」の歌のように、用語や句調は万葉風ながらも、美意識は優雅で真淵とは異なる歌を詠んだ。上方(かみがた)勤番中に上田秋成(あきなり)の師となり、秋成に学問上の大きな影響を与えた。家集を『しづ屋のうた集』といい、研究書に『雨夜物語だみ言葉』『土佐日記解(かい)』がある。[上野 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加藤宇万伎の言及

【加藤美樹】より

…江戸中期の国学者。戸田淡路守の臣。宇万伎とも記す。通称五郎左衛門。伊右衛門,大助とも称する。舎号は静舎(しずかや)。26歳で賀茂真淵に入門。和歌よりも古典研究に心を傾ける。1761年(宝暦11)主人の大坂城番に従い,さらに京都二条城御番のため上京,この地で没する。著書に《土佐日記註》《雨夜物語だみことば》《静舎歌集》など。その門下から上田秋成が出ていることは注目すべきである。【南 啓治】…

※「加藤宇万伎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加藤宇万伎の関連キーワード杉木正珍三角数青木一都池田仲庸植松雅久聖珊女王聖祝女王堀直佑堀直寛牧野忠周

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone