コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤菊 かとう きく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤菊 かとう-きく

?-1773 江戸時代中期の女性。
三河(愛知県)大浜村の代官加藤四郎左衛門の妻。享保(きょうほう)年間(1716-36)貞照院事件で罪にとわれ伊豆(いず)大島へ流された夫の放免熊野権現に祈願し,法華(ほけ)経の写経と手紙をいれた箱を海に投じた。その箱を釣りをしていた夫がひろいあげ,このことが幕府につたわり,夫はゆるされたという。安永2年2月10日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤菊の関連キーワードモーツァルトラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人手島堵庵(てじまとあん)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android