コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤菊 かとう きく

1件 の用語解説(加藤菊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤菊 かとう-きく

?-1773 江戸時代中期の女性。
三河(愛知県)大浜村の代官加藤四郎左衛門の妻。享保(きょうほう)年間(1716-36)貞照院事件で罪にとわれ伊豆(いず)大島へ流された夫の放免を熊野権現に祈願し,法華(ほけ)経の写経と手紙をいれた箱を海に投じた。その箱を釣りをしていた夫がひろいあげ,このことが幕府につたわり,夫はゆるされたという。安永2年2月10日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤菊の関連キーワード久米以登恵旭菊本おはん岸通昌堺屋おそで渋谷老驥周午蔦屋お芳渤海翁

加藤菊の関連情報