コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀井重望 かがのい しげもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀井重望 かがのい-しげもち

1561-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)加賀井城主。天正(てんしょう)12年(1584)織田信雄にしたがって豊臣秀吉軍とたたかい敗れたが,その勇敢さを賞されて秀吉の臣となる。慶長5年7月19日関ケ原の戦いの直前,宴席で口論のあげく水野忠重をきり,堀尾吉晴(よしはる)を傷つけて殺された。40歳。名は別に秀望,秀重。通称は弥八郎。姓は加賀野井ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加賀井重望の関連キーワード永禄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android