コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀井重望 かがのい しげもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀井重望 かがのい-しげもち

1561-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)加賀井城主。天正(てんしょう)12年(1584)織田信雄にしたがって豊臣秀吉軍とたたかい敗れたが,その勇敢さを賞されて秀吉の臣となる。慶長5年7月19日関ケ原の戦いの直前,宴席で口論のあげく水野忠重をきり,堀尾吉晴(よしはる)を傷つけて殺された。40歳。名は別に秀望,秀重。通称は弥八郎。姓は加賀野井ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加賀井重望の関連キーワード永禄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android