コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀太(かがぶと)きゅうり

1件 の用語解説(加賀太(かがぶと)きゅうりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀太(かがぶと)きゅうり

石川県金沢市で生産されるキュウリ。形状は太く短く、直径約6~7cm、重さは大きなもので1kgにもなる大形種。果肉は柔らかで食味良好。1936年に同市の篤農家、米林利雄氏が、東北の短太系きゅうりの種を譲り受けて栽培を開始。地域団体商標。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone