コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀太(かがぶと)きゅうり

1件 の用語解説(加賀太(かがぶと)きゅうりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀太(かがぶと)きゅうり

石川県金沢市で生産されるキュウリ。形状は太く短く、直径約6~7cm、重さは大きなもので1kgにもなる大形種。果肉は柔らかで食味良好。1936年に同市の篤農家、米林利雄氏が、東北の短太系きゅうりの種を譲り受けて栽培を開始。地域団体商標。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀太(かがぶと)きゅうりの関連キーワード入山きゅうり鵜渡川原きゅうり開田きゅうり酒田きゅうりひめきゅうり石川県金沢市大野町石川県金沢市東力石川県金沢市富樫石川県金沢市長町石川県金沢市野町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone