コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀太(かがぶと)きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀太(かがぶと)きゅうり

石川県金沢市で生産されるキュウリ。形状は太く短く、直径約6~7cm、重さは大きなもので1kgにもなる大形種。果肉は柔らかで食味良好。1936年に同市の篤農家、米林利雄氏が、東北の短太系きゅうりの種を譲り受けて栽培を開始。地域団体商標。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

加賀太きゅうり[果菜類]
かがふときゅうり

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
金沢市産の太きゅうり。大きさは通常のきゅうりの約5倍にも及ぶ。果肉も厚く日持ちがよい。地元では酢の物あんかけなどにして食べられる。加賀野菜の一つ。2007(平成19)年9月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5078473号。地域団体商標の権利者は、金沢市農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

加賀太(かがぶと)きゅうりの関連キーワード和食の最新動向石川県金沢市ベジタン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android