コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀屋久兵衛 かがや きゅうべえ

2件 の用語解説(加賀屋久兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀屋久兵衛 かがや-きゅうべえ

?-1874 江戸後期-明治時代のガラス職人。
江戸の眼鏡・ギヤマンの製造販売店加賀屋につとめ,大坂で和泉屋嘉兵衛からガラスの製法をまなぶ。江戸にもどり,天保(てんぽう)5年(1834)切り子ガラスのひとつ,江戸切り子の技法を開発,普及させた。また日本で最初に理化学実験用ガラス器具を製造,販売した。明治7年死去。本名は皆川文次郎。通称は加賀久。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加賀屋久兵衛

没年:明治7(1874)
生年:生年不詳
日本近代のガラス職人の草分け的存在。姓は皆川,名は文次郎,通称は加賀久。江戸日本橋塩町の眼鏡・ギヤマンの製造販売業加賀屋の手代をするうちにガラスを知り,のち大坂の和泉屋嘉兵衛からビードロの細工を学び,江戸に帰って切子ガラスの技法を習得し,大伝馬町に開業,名を久兵衛と改めた。文房具・調度・飲食器・装身具・化学器材などを手広く製作し,江戸ガラス江戸切子を普及させた。ペリー来航(1853)の折,江戸切子を贈って有名になった。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀屋久兵衛の関連キーワード生島藤七(2)伊東絹子上総屋留三郎篠原健治島マス鈴木清太郎中野常次郎鍋島直泰西垣晋作播磨屋清兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加賀屋久兵衛の関連情報