コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀美正吉 かがみ まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀美正吉 かがみ-まさよし

1597-1667 江戸時代前期の武士。
慶長2年生まれ。加賀美正光の子。幕臣。15歳で大番となり,江戸城,市中の警備にあたる。慶長19年大坂冬の陣にしたがう。寛永2年(1625)徳川秀忠から武蔵(むさし)橘樹郡に知行地をあたえられた。正保(しょうほ)3年金奉行。寛文7年4月11日死去。71歳。通称は金右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加賀美正吉の関連キーワードクーケバッケルフィゲイレド足利義昭葛西晴信来島通総沈惟敬ナバレテフィゲイレドフロイスリバルタ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android