コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅使川原三郎 てしがわらさぶろう

百科事典マイペディアの解説

勅使川原三郎【てしがわらさぶろう】

舞踊家。本名常恭(つねやす)。東京生れ。美術を志すが舞踊に転じ,1980年代初頭より公演を行う。1985年ダンス・カンパニー〈KARAS〉を結成。1986年フランスのパニョレ国際舞踊振付コンクールで《風の突端》が第2位となり注目される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勅使川原三郎 てしがわら-さぶろう

1953- 昭和後期-平成時代の舞踊家。
昭和28年9月15日生まれ。彫塑,クラシックバレエをまなび,昭和56年ソロ活動を開始。59年東京にスタジオKARASをひらく。61年フランスのパニョレ国際舞踊振り付けコンクールで「風の尖端」を発表,準優勝となる。19年「ガラスノ牙」で芸術選奨文部科学大臣賞。作品はほかに「月は水銀」「晴天の腕」など。東京出身。本名は常恭(つねやす)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勅使川原三郎の関連キーワードコンテンポラリー・ダンス珍しいキノコ舞踊団フォーサイス舞踊家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勅使川原三郎の関連情報