勅使河原霞(読み)てしがはら かすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勅使河原霞 てしがはら-かすみ

1932-1980 昭和時代後期の華道家。
昭和7年10月20日生まれ。勅使河原蒼風の長女。昭和28年草月流師範として教室をひらき人気をあつめる。生け花を海外にも紹介し,絵画や彫刻などの分野でも活躍。54年2代家元をつぐ。昭和55年8月6日死去。47歳。東京出身。著作に「草月の四季」「花の断章」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android