動橋(読み)いぶりはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動橋
いぶりはし

石川県南西部,加賀市北部の旧町域。柴山潟に注ぐ動川下流左岸にある。 1947年町制施行。 1954年分枝村と合体,1958年大聖寺町,山代町,片山津町,橋立町,三木村,三谷村,南郷村,塩屋村と合体し加賀市となった。かつては北陸街道沿いの小宿場町で,動橋川上流域の物資の集荷地であった。 JR北陸本線の駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動橋
いぶりばし

石川県加賀市北部の一地区。動橋川沿いにあり、揺れ動く(方言でいぶる)橋に由来する地名。JR北陸本線が通じる。江戸時代は宿場町で、柴山(しばやま)潟を経る舟運も盛んであった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android