コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児循環 たいじじゅんかん

2件 の用語解説(胎児循環の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

胎児循環【たいじじゅんかん】

胎児における血液の流れ方。肺の代りを胎盤が果たす胎盤循環が主体。胎児の下腹部で大動脈から出た左右の臍(さい)動脈は,胎盤で母体の血液とガス交換および栄養分・老廃物交換を行った後,1本の臍静脈として胎児体内に戻る。
→関連項目動脈管開存

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

たいじ‐じゅんかん〔‐ジユンクワン〕【胎児循環】

胎児期の特殊な血液循環の総称。胎児の発育段階に応じて卵黄循環・絨毛膜循環・胎盤循環があり、このうち特に胎盤循環をいう。胎児は、臍帯(さいたい)静脈を通じて胎盤から酸素と栄養を受け取り、体内で生じた二酸化炭素や老廃物は、臍帯動脈を通じて胎盤に運ばれ、母体の血液との間で酸素と二酸化炭素、栄養と老廃物の交換が行われる胎児血行

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎児循環の関連キーワード血管血行力学胎児臍帯血移植血栓症血流其の代り循環血液量心拍出量ABO血液型

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone