コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘八峡 かんぱちきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘八峡
かんぱちきょう

愛知県豊田市中西部,矢作川沿いにある渓谷。平戸橋周辺から上流約 4km。サクラの名所。また,水面にはえる紅葉と渓谷美でも有名。平戸橋付近に越戸 (こしど) ダムがあり,ともに愛知高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘八峡
かんぱちきょう

愛知県豊田(とよた)市にある矢作(やはぎ)川渓谷の景勝地。愛知高原国定公園の一部。平戸橋付近は矢作川が急流に変わる所で、岩石も上流は花崗(かこう)岩、ここから下流は沖積層の平野で流れが緩やかになる。昭和初期まで川狩(上流の材木を下流へ流す作業)の終点の古鼠(ふっそ)の土場(どば)、越戸(こしど)の土場があった。越戸ダムにより人工湖ができ観光地となった。名古屋鉄道三河(みかわ)線平戸橋駅下車。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勘八峡の関連キーワード豊田(市)三河高原

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android