コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知高原国定公園 あいちこうげんこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知高原国定公園
あいちこうげんこくていこうえん

愛知県北東部の段戸山(だんどさん)から,北部の猿投山および道樹山にいたる自然公園。面積 217.4km2。1970年指定。木曾山脈南部の隆起準平原を占め,神越渓谷,香嵐渓などの渓谷美に恵まれている。丘陵一帯は,スギ,ヒノキアカマツなどの二次林が多いが,段戸山裏谷にはブナ,ミズナラチョウジザクラなどの温帯林の原生林がある。また,猿投神社定光寺などの社寺有林には自然林が残されている。平勝寺,猿投神社,定光寺などには文化財がある。中京の主要都市に近く,自然探勝,ハイキングキャンプなどの野外レクリエーションの適地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あいちこうげん‐こくていこうえん〔アイチカウゲンコクテイコウヱン〕【愛知高原国定公園】

愛知県北東部の高原地帯を北西から南東に延びる東海自然歩道沿いの国定公園。猿投(さなげ)山・段戸高原などのほか香嵐(こうらん)渓・勘八(かんぱち)峡などの渓谷が含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

愛知高原国定公園【あいちこうげんこくていこうえん】

愛知県北部の山地,丘陵地を占める国定公園。面積217.05km2。1970年指定。東部は美林で有名な鷹ノ巣山を中心とする隆起準平原の山地で,香嵐渓,勘八峡などの美しい渓谷がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あいちこうげんこくていこうえん【愛知高原国定公園】

愛知県北東部の丘陵地域に細長く延びる、東海自然歩道沿いの国定公園。段戸たんど山・猿投さなげ山・道樹山を含み、渓谷美に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕愛知高原国定公園(あいちこうげんこくていこうえん)


愛知県北東部の国定公園。美濃三河(みのみかわ)高原を中心に東海自然歩道沿線に広がる。面積2万1705ha。1970年(昭和45)指定。猿投(さなげ)山・寧比曽(ねびそ)岳・段戸(だんど)山などの山岳と高原、巴(ともえ)川・矢作(やはぎ)川がつくる渓谷などの景観に優れる。段戸裏谷にはモミ・ツガなどの原生林が残り、学術参考林に指定。香嵐(こうらん)渓・勘八(かんぱち)峡などの渓谷、榊野(さかきの)・笹戸(ささど)・足助(あすけ)などの温泉、三河湖などがある。定光(じょうこう)寺・平勝(へいしょう)寺・猿投神社などの社寺も観光名所。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知高原国定公園
あいちこうげんこくていこうえん

愛知県北東部の高原地帯を、北西から南東へ貫く細長い国定公園。1970年(昭和45)指定。面積217.05平方キロメートル。南部の三河湾国定公園を海の公園とすれば、こちらは山岳の公園といえる。東三河の設楽(したら)町、西三河の豊田市足助(あすけ)地区、猿投(さなげ)山を経て尾張(おわり)の瀬戸市、春日井(かすがい)市に至る延長212キロメートルの東海自然歩道のコースが通っているため、その範囲は細長くなっている。渓谷美としては香嵐渓(こうらんけい)・勘八(かんぱち)峡、湖は奥矢作(おくやはぎ)湖・三河湖、温泉地としては榊野(さかきの)・笹戸(ささど)・小渡(おど)・足助・岩屋堂温泉、高原美としては段戸裏谷(だんとうらだに)、寧比曽(ねびそ)岳、猿投山などが、文化財としては猿投(さなげ)神社、定光(じょうこう)寺の徳川義直廟所(よしなおびょうしょ)などがある。段戸裏谷のモミ、ツガ、ブナ林の原生林、香嵐渓のもみじ(紅葉)と巴(ともえ)川の清流美は県内随一といわれ、多くの観光客を集めている。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知高原国定公園の関連情報